Netflix

あのFacebook CEO マーク・ザッカーバーグでさえも最近、流出情報の被害者に仲間入りをしてしまった模様。
それなりに面白そうなドラマが数々並ぶと、どれを見たらいいのかわからないのだ、さっぱり。
オンライン・ストリーミングの分野では、アカウントの共有というのは一般的にいえばグレーゾーンだ。しかし…
YouTube が定額サービスの YouTube Red のサービス強化のため、ハリウッドの制作スタジオとともに独自の映画や TV 番組コンテンツを用意すると伝えられています。
『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』などヒット作を飛ばした関口大輔氏に聞く、映像業界のこれから。
2013年は半沢直樹の平均視聴率40%超えなどがあった一方、以降は月9すら視聴率10%を下回るなど低迷が続いている。その背景にあるテレビ離れと黒船の襲来とは......
アメリカでは、性別適合手術を保険でカバーする企業がここ10年で爆発的に増えている。
ヘイスティングスCEOはテレビとの関係について「ここから10年〜30年は、固定電話と携帯電話のように共に生きていく」と述べた。
「私たちは従業員に、仕事やお金の心配をせずに、柔軟性をもって子育てに臨めるようにして欲しいのです」
謎のベールに包まれていた感のあるNetflixが、いきなり重たい岩戸を開けて情報を浴びせるように放ちはじめたのは先週、6月17日以降だった。
フジテレビは6月17日、秋から日本に上陸する世界最大手の動画配信会社Netflix(ネットフリックス)に新番組を提供すると発表した。
大阪都構想の住民投票は、僅差で否決されました。「この混乱した大阪の状況自体をどう好転させられるのか?」についての感覚が湧いてこないのは良くないんじゃないか。
日本のメディアがものにした初めてのNetflixのインタビューだと思う。貴重なその内容は、同誌を読んでもらうのがいちばんだ。ここではその中で注目すべき発言を少し取り上げたい。
ピケティという経済学者がブームなのはご存知だろう。ぼくは経済学をちゃんと学んだことはないし、ピケティの本を読んだわけでもない。ただ、要するにこういうこと、という数式のことはぼんやりながら理解したつもりだ。「 r > g 」というやつだ。
「テレビ」という言葉には3つぐらいの意味がいっしょくたに詰め込まれている。コンテンツとしてのテレビ番組のことであり、電波を使うテレビ局のことであり、映像を映しだすテレビ受像機のことだ。その構造がいま、ちょっと解体されつつある。
米動画配信サービス大手のネットフリックスは、2015年秋から日本で映画やテレビ番組のストリーミングサービスを始めると発表した。また、東京に事務所を開設することも声明で明らかにした。
米グーグル傘下の「ユーチューブ」は、北朝鮮を題材にした映画「ザ・インタビュー」のネット配信をきっかけに、ネットフリックスやアマゾン・ドット・コムの有料動画ストリーミングサービスに対する本格的なライバルとして認識されるようになるかもしれない。
メディアやコンテンツについて語るのがこのブログの基本趣旨なのだけど、その趣旨とは別の社会性のあるメッセージのシリーズを去年からやってみている。12月に「日本人の普通は、実は昭和の普通に過ぎない」という記事を書いたら、転載されたハフィントンポストで5000以上のいいね!をもらって恐れおののいた。