これまで「将棋界の一番長い日」として親しまれてきたが…。
いまからおよそ30年前、将棋界から忽然と姿を消した「伝説の棋士」の近況を聞いた。
現役時には、烈々たる闘志を隠そうともせず、盤に向かうことで知られていた永作芳也氏。谷川浩司、島朗、羽生善治…煌めく星のような一流棋士達と、どんな戦いを見せたのか。なぜ棋士の身分を捨てたのか。
中学生棋士の藤井聡太四段が三枚堂達也四段に敗れ、デビュー以来2度目の黒星を喫した。藤井四段が公式戦で敗れたのは、2日の対局で佐々木勇気六段に敗れて以来。公式戦での成績は31勝2敗となった。
史上最年少で中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で開かれた「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしで「公式戦29連勝」を達成した。
この日、将棋ファンの間では、藤井四段が夕食でも麺類を注文するかどうか、注目が集まっていた。
これまで藤井四段といえば、そば・うどんなど麺類をオーダーすることが多く、28連勝を達成した対局でも「胡麻味噌とじうどん」を注文している。
デビュー以来、公式戦で連勝し続けている史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、前人未到の公式戦「29連勝」を懸けて「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦にのぞむ。