noberusho

今回のSTAP問題のキーパーソンは、理化学研究所、発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長だといわれている。STAP細胞研究の可能性を評価して、小保方さんを採用したのも笹井さんらしい。
22000個もの遺伝子をもつヒトの細胞。その細胞が60兆個も集まって構成される私たちの体。遺伝情報が明らかになった今でさえ、60兆個もの細胞がお互いにどう結びついているのかを知ることはできません。脳の中で、一つ一つの神経細胞が電気信号を介し、お互いにどうやって情報をやりとりしているのか、これを完全に把握するのは不可能です。
スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。受賞したのはカナダの女性作家アリス・マンロー氏で、カナダ人の受賞は初めて。有力候補の一人とみられていた日本の村上春樹氏は今年も受賞を逃した。ここ数年、村上春樹氏の名前が有力候補としてあがっていることから、日本におけるノーベル文学賞への注目が高まっている。
ノルウェーのノーベル賞委員会は10月11日、2013年のノーベル平和賞を化学兵器禁止機関(OPCW)に授与すると発表した。女性や子供たちの教育を受ける権利を訴えるパキスタンの少女マララ・ユスフザイさん(16)は最有力とされていたが...
2013年のノーベル平和賞が11日夜、発表される。パキスタンで女性が教育を受ける権利を訴え、イスラム過激派タリバンから銃撃されたマララ・ユスフザイさん(16)が受賞するか注目が集まっている。受賞すれば史上最年少となる...
スウェーデン王立科学アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞をカナダのアリス・マンローさんに贈ると発表した。受賞候補として有力視されていた日本の村上春樹さんは、今回も受賞を逃した。
スウェーデンのストックホルムにあるノーベル賞の選考委員会は、ことしのノーベル化学賞を、コンピューター上でさまざまな化学反応をシミュレーションすることを可能にしたアメリカの3人の研究者に贈ると発表しました...
スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞をイギリス・エディンバラ大学名誉教授のピーター・ヒッグス氏(84)とベルギー・ブリュッセル自由大学名誉教授のフランソワ・アングレール氏(80)に贈ると発表した。ヒッグス氏はすべての物質に質量を与えたとされる「ヒッグス粒子」を予想し、アングレール氏が...
英国のブックメーカー(賭け屋)のラドブロークスによると、文学賞受賞者として最も人気が高いのが、村上春樹氏だ。賭け率は3倍。2番人気は、米国の作家ジョイス・キャロル・オーツ氏で、6倍である。今までなぜ、受賞できていないのか。
ことしのノーベル医学・生理学賞に、細胞内でタンパク質などの物質を運ぶための「膜輸送」と呼ばれるメカニズムを世界で初めて発見したアメリカなどの3人の研究者が選ばれました