nyusu

ネットメディアは読者の「アテンション(注意・関心)」を奪い合い、クリック数を稼ぐことで、収益をあげていく“感情刺激競争”をしている。毎日新聞、バズフィードジャパンを経て独立したノンフィクションライターの石戸諭さんは、その問題点を多角的に語る。
「埋もれそうになっている小さな声を届けたい」。そんな思いでニュースを伝えてきた20年半。テレビ朝日の報道番組を卒業した長野智子さんよりブログが届きました。
「ロイター・インスティテュート・デジタルニュースリポート」の中で、国別の情報プラットフォームに対する「不信度」が示された。
インターネットメディアのなかで「伝える」は放置されてきた。取り戻すために必要なこと。
ZHDの川邊健太郎CEO「統合が果たせた後にどうなっていくかを考える。現時点での方針はございません」と語った。
提示された「アップルが定期購読料の半分を取り、残り半分をユーザーの購読時間に応じてメディア各社が配分する」という条件が割に合わない事情もあったとされています。
記者の質問をさえぎり「出身どこ?」「シンゾーによろしく」