ondanka

「アメリカの繁栄を奪ってきた規制を終わらせ、愛する国を再建する」
世界の温室効果ガス総排出量の約48%を占める60ヶ国がパリ協定に正式に参加したことになります。
アメリカの中国で、排出量の総計は約40%に上昇し、協定発効に必要な4分の3に達するという。
南極半島では、20世紀末期には温暖化傾向がかなり弱まっており、21世紀初頭にはおおむね寒冷化していた。
近年、熱中症など、気温が高い時期の心配事が増えました。そこで、温暖化による月別死亡率への影響について少し分析してみました。
2016年4月12日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第3弾の報告書を発表しました。
人間はもともと温暖化に鈍感だった。CO2濃度の上昇は1960年代から知られていたが、温暖化の脅威が騒がれ始めたのは80年代に入ってからだ。
「しかし今後、より一層真剣に取り組めば、地球を救うためのチャンスは残ったと言える」
今回のサミットが失敗に終わったら「次の策」は存在しない。
もしグリーンランドの氷が解けたら…。