patagonia

パタゴニア創業者イヴォン・シュイナード氏がNew York Times紙に寄稿。粗悪品が地球に及ぼす影響について警鐘を鳴らした。
ボタン、ジッパースライダー、バックル。全部自分で直すことができます。「まるで魔法のようでしょ?ただの修理だけどね」
すでに持っている物を長く使い続けるという行動は、誰にでもできる一つのアクションです。
実は、ファッション業界は「世界第二の環境汚染産業」とされている。生産側だけでなく、消費者の私たちには何ができるのか。
創業者のイヴォン・シュイナード氏は、「自然から価値あるものを収奪して投資家の富に変えるのではなく、パタゴニアが生み出す富をすべての富の源を守るために使用します」と述べた。
パタゴニアがファッション業界のプラスチック問題をテーマにしたフィルムを公開。日々身につける服について、いっしょに考えてみませんか?
PRESENTED BY patagonia
衆院選の投開票日が10月31日に迫ってきました。皆さんは、どう考えますか?
衆院選を巡り、パタゴニアは「社会構造を大胆かつ公正に変化させようとするリーダーが必要です」と訴えています。
「皆さん、混乱させることが苦手でしょう? きっとこれまで混乱させないように、トラブルを回避するようにと教えられてきたから、その逆は不得手なんでしょうね」。環境問題について学び、アクションしたいと思っている31人の若者に、劇作家の平田オリザさんはこう話した。