patonashippuseido

いつかは、両親にもカミングアウトしたいと思っていましたが、当時は想像すらできない先の未来のことでした。
同団体による署名キャンペーンでは、1万8000人以上が東京都のパートナーシップ制度導入に賛同している。
「だからこそ必要なんだ」ネガティブな意見に制度の必要性を実感した札幌市。導入で市民の理解が広がったと感じています
同区では、今年9月に自民党の区議が「同性愛が広がれば足立区が滅びる」という趣旨の差別的な発言をし、批判が殺到していた。
1月22日に始まる大阪府のパートナーシップ制度は、都道府県規模では2件目となる。
「ふつう」に対応されることの嬉しさを感じつつ、「引っかかりポイント」もいくつかあったので、この経験を備忘録として残したいと思います。
把握していた参加予定者の数を大きく上回り、当日参加者やスタッフを含め200人近くが街を歩きました。
女性だからといって、必ずしも自分が子どもを産む必要はない。“当たり前”と思っている人生にはまだまだ切り拓くことのできる可能性があるのだ。