pep

ヤフーに買収された後も、企業の中で社会課題解決を実践する宮澤弦さん。なぜ起業家精神を持ち続けられるのでしょうか?
【政策起業ケーススタディ第9回】IT企業として取り組む政策起業とは?脱炭素化に向けたヤフーの取り組みを、同社コーポレートグループ長・宮澤弦さんに聞きました。
物事が上手くいくようにアレンジ・コーディネートするのはマネジメントであり、リーダーシップではない。リーダーはむしろそれに疑問を投げかける存在だと、朝比奈一郎さんは強調します。
自らの研究を続けながらスタートアップ支援や学生の指導、学外活動などマルチにタスクをこなす松尾豊教授。限られた時間をうまく使う秘訣も聞きました。
【政策起業ケーススタディ第7回】東京大の松尾豊教授が、「AIのエコシステムを大学研究室から」をテーマに語りました。
メルカリの山田進太郎さん、ISAKジャパンの小林りんさん、ANRIの佐俣アンリさんが登壇。「経済人のつくるエコシステム」をテーマに議論しました。
デジタル庁の藤本真樹CTO、AI研究の先端を走る松尾豊教授、男性産休・霞が関の働き方改革などの政策を提言してきたワークライフバランスの小室淑恵社長など、多様な分野の第一線で活躍する人たちを登壇者に招く。
世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの須賀千鶴さんが語る、グローバルなアジェンダ提起のあり方
一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ(理事長・船橋洋一)が、新たな賞を創設した。
2004年、彼女はウォール・ストリートでの安定した仕事を捨てて、"Calling"(天職)にしたがってテキサスの監獄にやってきた。