ptsd

フラッシュバックにはなんの前兆もない。思い起こす記憶はあまりにも鮮明で、感覚も共に蘇る。足は震え、鼓動が速まり、悍ましいほどに身の危険を感じる。
原告の男性は顧問の男性教諭による体罰でPTSDを発症、不登校となったと主張していた。
熊本城が元の姿を取り戻しつつあっても、それは熊本の現状を切り取った一部に過ぎません。現地を訪れ、自分ができることをひたむきに続けていきます。
言葉で説明されてもなかなか理解できない「心の状態」、イラストだと理解しやすいかも。
アヒルって、飛行機に一緒に搭乗できるの?
この写真は、メンタルヘルスについての重要なメッセージも伝えようとしている。
「つらい体験」は自分が成長できるキッカケ。きっと誰かの役に立つ。
ネガティブで暴力的な報道は深刻で長期的な心理的影響を与えるといい、それは単に悲観的になる、あるいは非難するといった感情をもたらすだけにとどまらない。
20km圏内の片付けについては、現在はあの頃より明らかに進んでいる場所も増えてきた。地元にいる人々については、2012年10月の時より疲れが表に出てきている人が顕著に増加している。地元の人々の「精神的な問題を隠したい」という意識は緩み、PTSDと診断して良い方の受診も増えた。