rakka

米軍は、バランスを取るのが難しい状況にある。
過激派組織IS(イスラム国)の戦闘員が、シリア北部ラッカで、自分の母親を公開処刑していたことが分かった。
実況中継中に空からドローンが降ってくる光景は、ほとんど映画か何かの作り物のようにも見える。
首相官邸の屋上にドローンを落下させたとして、警視庁は4月25日、福井県小浜市の警察署に出頭した40代の男を威力業務妨害の疑いで逮捕した。NHKニュースが報じた
ジハーディ・ジョンとして知られてきた過激派組織ダーイシュ(イスラム国)のメンバーは、ロンドンに住んでいた「モハメド・エムワジ」という人物であると確認された。この人物について現段階で分かっている10の事実をまとめた。
アンジェリーナ・ジョリーさんは今年1月、イラク北部ドホークにあるクルド人難民キャンプを訪問した際に2本の動画を制作し、その動画が、英紙「ガーディアン」のウェブサイトで2月10日に公開された。
イスラム国からトルコへ脱出したイギリス人の若い母親が、テロリストの拠点での悲惨な経験について語り、「家族を救い出そうとして欧米から来た人は、誰であろうと、まず間違いなく処刑されることになります」と忠告した。
シリアとイラクで活動する過激派組織「イスラム国」が、戦闘から逃げ出そうとした外国人兵士100人を処刑したとする証言を、イギリスの経済紙「フィナンシャル・タイムズ」が12月20日に報じた。
シリア政府軍は11月25日、イスラム過激派組織「イスラム国」(ISIS)が首都と位置づけているシリア北部の都市ラッカに大規模空爆を行い、少なくとも63人が死亡した。
アメリカの情報当局者はイスラム過激派組織「イスラム国」が1日で300万ドルもの収益を上げており、同団体が史上最も裕福なテロリスト集団となっていることを明らかにした。