地方創生

富山市観光協会は「シロエビ、ホタルイカ、立山連峰…。富山の春は最高なんです!!」と紹介しています。
記録的なイカの不漁が続いている北海道函館市。マイワシを使った「ハコダテアンチョビ」で産業創出を目指す地元有志を現場で取材しました。
北海道・函館でイカが取れなくなっています。一方、爆発的に取れるようになった魚も。漁業関係者などを現地で取材しました。
「未利用魚」を使った「雑炊」が北海道函館市で誕生しました。長期保存できるため、災害時の利用も想定されています。開発のきっかけは能登半島地震でした。
志布志市志布志町志布志の志布志市役所が新たなシティプロモーションを始動。市担当者は「市民の『志』にも注目して」と語っています。
阿蘇のシンボル「千年の草原」。しかしその歴史ある草原の存続が今、危ぶまれている。そこで市が力を入れ始めたのが、草原を保護しながら観光に活用する「サステナブルツーリズム」だ。
「他に真似の出来ないハンコを紹介する」。ある企業の投稿とその内容が話題を集めています。
コロナ禍を機に注目が集まっている地方移住。ぞれぞれの魅力にあふれる自治体が、情報発信に力を入れています。
多様性を尊重されない場所で働きたいと思わない。アンコンシャス・バイアスのある場所では生きづらい。遠慮し合うのではなく、違いを認め合うことで、ウェルビーイングな地域になる。独自の指標を策定した富山県「ウェルビーイング推進課」を取材しました
「The Rising Sun Coffee(ザ・ライジング・サン・コーヒー)」の3店舗目は、神奈川・鶴見の商店街に誕生する。街を盛り上げ、みんなで分け合うために。夢が連鎖し「1000万円稼げる」バリスタの育成も目指すという。経営で大切にしていることを聞いた。