ridashippu

海外M&A人事に詳しい森範子氏が語る「M&Aで生き残る社員になるための3つのスキル」をご紹介します。
予防や健診で先手を打てる時代にもかかわらず、医療業界は後手に回る仕組みのまま。その突破口を開くために、保健医療の位置付け自体を変えていこう。
自分の成長に対し責任を持ち、自主性を養う風土こそ、優秀な社員を惹きつけ、切磋琢磨をうながし、業績に繋がっているのではないか。
東日本大震災における相馬市の震災後対応の速さは、立谷市長の有事の際の機転と、リーダーシップによるものだけではないと思います。
すごいリーダーが日本の歴史に現れたことがあるのか。そのような問いを立ててみると、昭和の時代を知っている者であれば、おそらく誰でも一人思い出す名があるはずだ。
新卒1年目のことです。若く怖いもの知らずの私は「店長をやらせてもらえるなら行きます!」と言い放ち、その結果...
「理想の上司」アンケートで、2016年の男性編は松岡修造さんが1位になりました。「熱血、頼もしい、指導力がある」という点が支持を受けたそうです。
「人間が考えることの95%は毎日同じことの繰り返し」(精神科医ダニエル・エイメン博士)。
最近ではイギリス国会などでも取り入れられるようになったマインドフルネスや瞑想は、世界的にも自己管理の王道となりつつある。
変化の早い現代。経営のグローバル化や企業のダイバーシティが進む中、必要とされるリーダーシップにも変化が...。
PRESENTED BY エン・ジャパン