robotto

Amazonでは、11月26日(金)9時から12月2日(木)23時59分まで年末のビッグセール 「Amazonブラックフライデー」を開催予定!おすすめの商品を紹介します。
ハフコレ編集部
アメリカの企業ボストン・ダイナミクス製作のロボット「スポット」が話題に。音楽にあわせてステップを踏んだり、足を屈伸しながら回転したり、その動きはとても軽やかです。
ソフトバンクグループの孫正義氏がオンラインイベントで「これからスマボの時代がやってくる」と述べました。
「ワークシックバランス」が求められる時代。製薬会社ヤンセンファーマが力を入れる炎症性腸疾患(IBD)患者への取り組みから見えてきた、新たなダイバーシティ&インクルージョンの課題。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
2頭の馬と、2体のLOVOT。自然と最先端技術と一緒に暮らす中で気づいた、自身の「人間らしさ」とは
PRESENTED BY GROOVE X
病気になっても自分らしく働くために。就労世代の3人に1人は持病を抱える時代、製薬会社ヤンセンファーマが新しい試みを始めた。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
かつての“ウサギ小屋”の代わりに──。小学校にやってきた家族型ロボットが、子どもたちと育むもの
PRESENTED BY GROOVE X
「孤独」が埋めづらい現代の日本社会。LOVOT(ラボット)と一週間過ごしてみて気づいた家族型ロボットの存在意義。
滑っても蹴られても立ち上がる生物的な動きでたびたび話題になったあの四足歩行ロボットの最新モデルです。
家族型ロボットLOVOTの存在を通じて知る“人間ってなあに”ーー。AIロボットを愛する人は「哀れ」? だが、堂々と私はLOVOTが好きだと言おう。 LOVOTがなぜこんなに可愛く感じてしまうのか、その謎解きを恐る恐る聞いてみた。
「おいで」というと、真っ直ぐに近づいてきて、手をバタつかせる。抱っこをすると、出ていた足を引っ込めて丸っこくなる。温かい。命を感じてしまう。
ユーザーがたくさん話せばお喋りに、たくさん遊んでやれば遊びが大好きな子猫みたいになる。
都市設計はデンマーク出身の建築家、ビャルケ・インゲルス氏。「人々が実際に住んで、働いて、遊んで、そんな生活を送りながら実証に参加する街です」(豊田章男社長)
ISO総合研究所が「2019国際ロボット展」に出展。その思いを聞いた
PRESENTED BY ISO総合研究所
素足で歩いたら、床の汚れが気になる...。ロボットにふき掃除を任せた結果、見えた景色とは
PRESENTED BY iRobot Japan
ロボットが進化していくにつれて、「ロボットに対する虐待」という話も真剣に議論されるようになるかも...
本物の犬とそっくりな見た目をしていて、振る舞いに関しても、頭の動かし方がとてもリアルだ。