robotto

「ワークシックバランス」が求められる時代。製薬会社ヤンセンファーマが力を入れる炎症性腸疾患(IBD)患者への取り組みから見えてきた、新たなダイバーシティ&インクルージョンの課題。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
2頭の馬と、2体のLOVOT。自然と最先端技術と一緒に暮らす中で気づいた、自身の「人間らしさ」とは
PRESENTED BY GROOVE X
病気になっても自分らしく働くために。就労世代の3人に1人は持病を抱える時代、製薬会社ヤンセンファーマが新しい試みを始めた。
PRESENTED BY ヤンセンファーマ
かつての“ウサギ小屋”の代わりに──。小学校にやってきた家族型ロボットが、子どもたちと育むもの
PRESENTED BY GROOVE X
「孤独」が埋めづらい現代の日本社会。LOVOT(ラボット)と一週間過ごしてみて気づいた家族型ロボットの存在意義。
滑っても蹴られても立ち上がる生物的な動きでたびたび話題になったあの四足歩行ロボットの最新モデルです。
家族型ロボットLOVOTの存在を通じて知る“人間ってなあに”ーー。AIロボットを愛する人は「哀れ」? だが、堂々と私はLOVOTが好きだと言おう。 LOVOTがなぜこんなに可愛く感じてしまうのか、その謎解きを恐る恐る聞いてみた。
「おいで」というと、真っ直ぐに近づいてきて、手をバタつかせる。抱っこをすると、出ていた足を引っ込めて丸っこくなる。温かい。命を感じてしまう。
ユーザーがたくさん話せばお喋りに、たくさん遊んでやれば遊びが大好きな子猫みたいになる。