rokkudaun

stormzhang氏は自らのウェイボーで、削除されたことについて「歴史の流れの中で力は尽くした。何も恥じることはない」。
「上海市政府の何人が処分されるのだろう」(ネットユーザー)
「PCR検査も毎日受けなければいけなくなり、今は24時間以内の陰性証明がなければどこにもいけません」(深圳市在住の川ノ上和文さん)
西安では、ロックダウン期間中から市民の不満が噴出していた。妊娠8ヶ月の女性が病院で受診を拒まれ、お腹の子が死亡する事件などがあった。
「4月2日に東京がロックダウンする」こんなフェイクニュースを2020年、耳にした人も多いのではないだろうか。ロックダウン、オーバーシュート...これまで経験したことのない事態を前にカタカナ語が飛び交い混乱が深まった。
変異種ウイルスにより、3回目のロックダウン中のイギリス。感染者・死者はどれだけ急増している?
新型コロナウイルスで死者こそ出ていないものの、国内の累計感染者数が右肩上がりに増加し600人台に達しているブータン。現地のブータン人の一人に話を聞くと「今あるもので大丈夫」。妻は仏間で「困っている生き物全てに」と1日中、祈りを捧げているという。
変異株の名称は「VUI-202012/01」。「致死率が高いことや、重症化しやすいことを示す証拠はない」とボリス・ジョンソン首相。ただ、現時点では変異株の特徴の詳細は明らかになっていないという