ryugaku

【政策起業ケーススタディ第5回】UWC ISAKジャパン代表理事の小林りんさんが語る「教育と政策起業」。
長野県軽井沢町に2014年に誕生した、社会を変革する若者を育成する学校「UWC ISAK」。ファウンダーの一人で代表理事の小林りんさんが語った「最初の一歩」の踏み出し方。
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。「キラキラしている部分」以外の自分も発信すると決めている背景には、幼少期から抱えてきた「しんどさ」との向き合いがあった。
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。イギリス人パートナーとの結婚のため、移住することを決めた。
「新しい時代のロールモデルに」12歳の少年が思い描く、夢のその先とは
PRESENTED BY セールスフォース・ドットコム
コロナ時代の「被害者」ならないために伝えたい。どこにでもいるありふれた大学生である私がコロナ禍の中で学んだ、2つの事実。
この変更は、数十校に上る大学が政権の命令に対して法的手段に訴えることを示唆した結果だ。
新型コロナウイルスによる一時的な措置。渡米した学生たちが、厳しい選択を迫られる可能性があります
新型コロナ感染拡大によって、海外に留学中の日本人学生は奨学金停止のうえ、早期帰国するよう日本政府から指示を受けました。これに対して声を上げ、奨学金継続を実現したワルシャワ大学留学生の高松秀徒さんに話を聞きました。