ryuzan

法案を提出した議員は4人に1人が流産を経験しているとした上で、「パートナーと一緒に回復する時間が必要」と訴えた。
ニューヨーク・タイムズに寄稿。「1人目の子どもを抱きしめながら、2人目を失うのだとわかった」
「誰かの母親になる前に、まずは自分自身の体を大事にしなければならない」
警察は「この事件の唯一の被害者は、生まれてくることができなかった赤ちゃんです」とコメントしている。
流産は、多くの女性が経験する。流産の8割が12週までの早期流産で、赤ちゃんの染色体異常が主な原因であることが多い。
35歳、自分の誕生日に妊娠が発覚。でも、1ヶ月後に流産。2回の流産を経験しました。
女性がさまざまな形で子どもを新しく家族の一員として迎える素晴らしい瞬間。