sabisu

新型コロナの影響でテレワークや在宅勤務など社会活動の急激な変化が生じたことが背景にあるという。
「サービス業も休んで良い」という声も出ています。
東京テレメッセージが1都3県で続けてきたが、今は1500人を下回っているという
無料や値引きは、消費者個人としては嬉しく感じるが、それが不合理な形で広がれば、健全な経済発展や国民の福利向上の制約や支障になってしまう。
日本中のさまざまな業界で、そこまでのニーズがあるのかどうかわからない、奇妙なサービス競争が行われています。
日本でもシェア経済の仕組みが拡大していけば、人々の働き方は大きく変わり、我々の職業観にも大きな影響を与えることになるのではないだろうか。
独自調査をもとに、ロボットによる「おもてなし」サービスの今後の展望について解説する。