saiban

「違憲状態」とは法律や制度などが憲法の趣旨に反している状態を指す
立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉両参院議員が「ツイートは事実ではなく名誉毀損にあたる」と訴えた裁判の第7回口頭弁論が11月25日、東京地裁でありました。
立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉両参院議員が「ツイートは事実ではなく名誉毀損にあたる」と訴えた裁判の第6回口頭弁論が9月30日、東京地裁でありました。
立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉両参院議員が「ツイートは事実ではなく名誉毀損にあたる」と訴えた裁判の第5回口頭弁論が8月22日、東京地裁でありました。
大阪地裁は「同性愛者と異性愛者の間に差異はあるものの、同性間の関係にどのような保護を与えるかはまだ議論の過程にある」などとして、原告側の訴えを棄却しました。
大阪地裁は「同性愛者と異性愛者の間に差異はあるものの、同性間の関係にどのような保護を与えるかはまだ議論の過程にある」などとして、原告側の訴えを棄却しました。
「結婚の自由をすべての人に」裁判の原告である坂田麻智さんと坂田テレサさんは「差別や不平等が当たり前な世の中を、次世代に残したくない」と語ります。大阪地裁の判決は6月20日に言い渡されます。
「私がこうしたヘイトや暴言にふさわしいと確信している人や、私が嘘をついていると思っている人でも、私の目を見て『SNS上で公正な表現がされていたと思う』『これは公正だった』とは言えないでしょう」と述べた。
遺族が当時の所属事務所を相手に、女性が自殺したのは過重労働などの一連の行為が原因だと訴えていた。
記者側は、取材の過程で性暴力があり、部長という職務上の立場を利用した職権乱用と主張していました。