saiban

夫婦同姓を定めた民法規定について最高裁大法廷は2015年に「合憲」と判断していた。しかし、15人の裁判官のうち5人が「違憲」との意見を示した。当時、岡部喜代子裁判官は4000文字超の「意見」を示し、櫻井龍子裁判官、鬼丸かおる裁判官も同調していた。
東京地裁は請求を退けたが、判決では日本でも婚姻関係にあることは認められた。原告らは「実質勝訴だ」と、夫婦別姓問題に一石を投じたと評価している。
藤倉被告は2018年、正当な理由がないのに「幸福の科学」施設に立ち入ったとして建造物侵入の罪に問われていた。
生活保護引き下げ後に顕著なのは、「交際費を減らした」という声。「生活保護費10%削減」の現実は、人と人との関係、家族の絆を断ち切るようなものなのだ。
「文化が未発達なことの特徴は、自分と異なる存在を受け入れられないことにある」
猫のまま必死に説明する顔が可愛くて、吹き出さざるをえません……
社会福祉士の仕事は日常生活の支援計画作りや、裁判への出廷、施設探しなど刑事・民事問わず多岐にわたります。
テレグラムのチャットで「博士」のハンドルネームで性搾取を続けたチョ・ジュビン被告の公判。父親は法廷で謝罪した一方「魔女狩りすべきではない」と擁護した。
準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医の控訴審で、7月13日、東京高裁は医師に対して逆転有罪(懲役2年)の判決を出した。判決について被害者側弁護士が解説する。