saigaitaisaku

東日本大震災の津波で危機管理対応の要となる庁舎の浸水が相次いだ教訓から、国は庁舎建設の財政負担を軽減する制度を設けるなど、高台移転を推し進めてきました。
震災の記憶を「風化させない」から「制度に落とし込む」へ
PRESENTED BY NTTドコモ