saikin

生やすならしっかりお手入れした方が良さそう。
インフルエンザやノロウイルスの感染を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
研究グループはこうしたスポンジが家庭内で「最も活性細菌が多い場所」であり、その量はトイレよりも多いと断定しました。
細菌は、シグナル伝達分子の分泌によって集団密度を感知し、それに応じて自己のふるまいを調節している。
ブドウ球菌感染を防止するのに役立つ可能性がある。
重要な発見がNature Microbiology の創刊号で報告された。自然界で現在進行中の共生進化の過程を捉えることに、日本の研究チームが成功したのだ。
「抗生物質が今にも終わりを迎えようとしている」と、科学者たちは警告する。
ある微生物学者が息子の手を実験用プレートのシャーレに浸してみた。
マクドナルドは、人間の感染症の治療に使われる抗生物質を餌として与えた鶏の肉の使用を、アメリカ国内店舗で今後2年をかけて廃止していくと発表した。この動きはマクドナルドを利用しない人にとっても朗報となるかもしれない。
生物には驚くべき能力が秘められている。磁性細菌の磁気微粒子合成に関与するタンパク質(酵素)を見いだし、これまでに知られていなかった磁気微粒子の結晶の形を制御する仕組みを、東京農工大学大学院工学研究院(東京都小金井市)の新垣篤史(あらかき あつし)准教授と大学院生の山岸彩奈(やまぎし あやな)さんらが解明した。