samuke

今年は例年より早くインフルエンザが流行シーズン入り。
日本列島には寒気がじわじわと流れ込んでいます。
暖冬傾向にある今シーズンとしては最も寒い一日になりそうです。
東日本や北日本を中心に雨が降り、激しい降り方になる所もありそうです。非常に強い風の吹く所も。
日本海で低気圧が急速に発達する見込みです。
すでに広く雨が降っていて、今夜にかけても傘が手放せません。
お出かけには厚手の上着をお持ちください。
気圧の谷が通過後、9日(月曜日)は冬型の気圧配置が強まるでしょう。今季最強クラスの寒気が流れ込み、真冬の寒さが戻りそうです。体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。
北海道から東海までの沿岸部では瞬間的に走行中のトラックが横転する程の猛烈な風の恐れ。関東は帰宅時に重なりそう。
3日も北陸から北では雪の所が多いですが、降る範囲は4日にかけて次第に少なくなり、5日には雪はようやく収まりそうです。
金曜から土曜は、きのうまでよりもさらに強い寒波がやってきます。再び冬の嵐となり、日本海側は大雪のおそれ。
東京の気温などを観測している地点が、2日、大手町から北の丸公園へ移転。東京の観測地点の移転は東京オリンピックの年以来50年ぶりです。これまでより冬日が増えそう。
今週末は土曜・日曜ともに、関東から西は暖かなお出かけ日和になりそうです。日中の気温は土曜日は15度前後、日曜日は15度を超える所が多くなる見込みです。一方、北陸から北の日本海側は寒気の影響が残りますが、雪や雨の降り方は次第に弱まるでしょう。
金曜日(春分の日)は低気圧が急速に発達し、北海道や東北は荒れた天気に。晴れ間のでる関東以西も北風が冷たく感じられそうです。土日は風も収まって、ポカポカ陽気の所が多いでしょう。
月曜日は今季最強クラスの寒気が流れ込み、日本海側は広く雪で、太平洋側でも所々で雪が降る見込みです。全国的に真冬のような寒さでしょう。水曜日以降はようやく厳しい寒さが和らぎ、春の暖かさになりそうです。
今夜から列島上空に今季最強クラスの寒気。この冬でもなかった程の強さ。日本海側は大雪警戒。今夜から四国や近畿、東海など太平洋側も所々で雪。明日は全国で寒い、風強し。
日本付近には3月とは思えない強烈な寒波が押し寄せています。この先、本州付近に予想される寒気はこの冬(12月から2月)最強レベルに匹敵します。しかも来週の前半にかけて長く居座る見込みで、真冬のような寒さが一週間近く続くでしょう。
週の中頃までは寒さの続く所が多いですが、週の後半は日ごとに気温が上がります。次の週末は関東から西で最高気温が15度前後まで上がる予想。厳しい寒さがいったん和らぎ、ほっとできそうです。
今朝、北海道旭川市江丹別で氷点下30度5分。全国で今冬初の氷点下30度以下。眉毛に氷がついたり大木が凍って裂ける凍裂が起きる程。富士山は氷点下20度8分で北海道の方が極寒。土日は更に強い寒気が入り全国で一段と厳しい寒さに。
今朝、北海道の北部で氷点下29.5度まで下がった所があり、大木が凍って裂ける凍裂が起きる程の冷え込み。一方、沖縄の与那国町の最低気温は18.3度。差は50度近く。