sasutenabiriti

「どのような社会になりたいのか」を問題提起するIBM Future Design Lab.。その取り組みに迫る
PRESENTED BY 日本アイ・ビー・エム
スターバックスの新しい実験。再利用できるカップの利便性や使い心地は?
ノルウェーは気候的にトマトもキュウリも育てられません。魚がなければ、人々がノルウェーに住む理由はありません。
PRESENTED BY ノルウェー水産物審議会
11月11日、12日、Salesforce主催のクラウドの祭典が2年ぶりに開催されます。これからの地球のためにできること、一緒に考えませんか?
PRESENTED BY Salesforce.com
リユースを通じてサステナブルな社会の実現を本気で目指すメルカリ。その施策は、人と社会、企業をつないで好転させる深い戦略だった。
PRESENTED BY 株式会社メルカリ
「食」のサステナビリティに関するオンライントークイベント『サステナビリティは企業変革のチャンス』が開催されました。
PRESENTED BY あふの環2030プロジェクト
「サステナビリティ(持続可能性)」をビジネスの中心戦略に据えるグローバル企業アディダス。アディダスが考えるスポーツブランドの未来とは何か。アディダスジャパンのトーマス・サイラー副社長に聞いた。
6月29日にYouTubeに公開後、約3週間で230万回再生を突破。約2分間の動画に込められた、ある企業の想い。制作を担当した2名の社員に、制作秘話を聞いて見えたこととは?
三菱UFJフィナンシャル・グループ
フィリップ モリス ジャパンが「煙のない社会」を本気で目指すのは、一体なぜ?
PRESENTED BY Philip Morris Japan
木材廃棄物やカーボンファイバーを素材に使用した筐体、海洋プラスチックからできた梱包材――デル・テクノロジーズのPCは、細部まで環境に配慮されていた。
PRESENTED BY デル・テクノロジーズ
世界経済フォーラムの報告によると、2050年までに海のプラスチックの量が、魚の量を超える可能性もあるという。自分の子供や孫、ひ孫の世代が生きているときに「まだ地球が残っているか否か」という時間軸の視点が、SDGsには必要だ。
日本は世界有数のチョコレート消費国で、カカオの仕入れ先の8割はガーナ。そこでは77万人の子どもが学校に行かずにカカオ栽培をさせられている。
「もったいない」の精神を日本文化の美徳の一つとして捉え、世界の化粧品業界に日本から新しい試みを発信するのが狙いだ。
「誰ひとり取り残さない」世界を目指すSDGs。今、取り組まなくてはならないけれど、抽象的でわかりにくい面も。そこで毎月、季節の話題で「自分ごと化」できるライブ番組をつくります。
日々身に着ける衣服をどう選んでいますか?モデルのトラウデンさんや専門家と一緒に、ファッションからSDGsを考えます。
2030年までに、グローバルで使用する全てのペットボトルの素材を「化石由来原料の新規使用ゼロ」に−−。高い目標を掲げるサントリー。「ボトル to ボトル」といったペットボトルのリサイクル技術、植物由来原料100%使用のペットボトルなど、技術革新の最前線に迫る。
PRESENTED BY サントリー
高校生のSDGs 学習を支援する「SB Student Ambassador 全国大会」が東京、大阪で初開催されました。
PRESENTED BY サステナブル・ブランド ジャパン
家業で目の当たりにした下請け企業の現実とは?「KAPOK KNOT」代表・深井喜翔さんインタビュー。
ティム・クックCEOも「2030年までには、アップルのビジネス全体がカーボンニュートラルになります」とツイート。
コスト面が懸念されるカーボンニュートラル。実際には、経営を妨げるものではなく役に立つものだ。