SDGs

「SDGs(エスディージーズ)」という言葉を、最近よく耳にするようになった人も多いのではないでしょうか。SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称で、国際社会が2016年から2030年までに達成すべき17の目標です。SDGsの報道に力を入れてきたハフポスト日本版が、「SDGsとは何か?」「SDGsバッジ」「日本企業の取り組み」「ESG投資」など、わかりやすく解説します。
現在、南スーダンは、全人口約1,200万人中、およそ160万人が国内避難民(IDP)、70万人強が南スーダンから近隣諸国に難民として流出しています。
「持続可能な開発目標」や「パリ協定」が採択されてから初のG7サミットとなったG7伊勢志摩サミット。しかし、手放しで喜べるような成果はありませんでした。
「持続可能な開発目標」の目標11は、都市についての防災や住環境改善などの取り組みをまとめたもので、都市の割合が高く災害も多い日本には、取り組みやすい目標です。
G7伊勢志摩サミット首脳会合での議論を理解するためにも、外務大臣共同コミュニケを読み込む必要がある。
難民の数、そのニーズは増え続け、人道支援の許容範囲を越えつつあります。この状況を抜け出すための一つの方策は、難民に出口を提供する仕組みを作ることです。
自然災害や紛争といった危機対応などに対処するため、人道支援などを施す、国連開発計画(UNDP)で勤務された二瓶直樹さんの話をお伝えします。
緊急援助の最前線で活躍されている江崎さんに、国際官民連携による国際緊急援助活動について寄稿していただきました。
独立した目標として生産と消費が取り上げられたことは、消費者と、全ての事業者が持続可能な開発に貢献するよう求められることを意味します。
世界の貧困地域では今でも、女性の出産は命がけです。こうした問題に取り組める方法は、変化をもたらす主体としての女性のエンパワーメントを置いて他にありません。