seiboryoku

専門家は、子どもに「自衛」を押し付けていては被害を防げないとして、グルーミングの手法が広く知られることが重要と話します。
「酒に酔った女性をタクシーに乗せて、自宅まで連れて帰ったことはない?」#Don't Be That Guyのキャンペーン動画で、男性たちが問いかけます。
JRと大手鉄道会社の計22社を調査。ストーカーや痴漢被害の相談が多く寄せられ、当事者団体は「できる限り早くアナウンスをやめてほしい」と訴えています。
一審判決は伊藤詩織さんの主張を認め、性行為に合意がなかったと認定。山口さんに慰謝料など約330万円の支払いを命じた。
14歳の人生相談に答えた内容をめぐり批判殺到。掲載したその日に記事を削除していた。
アダルトサイトなどが上位に出てしまう現状に、呼びかけ人の大学生たちは「性被害者や子どもたちが、必要な時に必要な情報を得られるよう改善を」と訴えています。
暴行・脅迫要件の見直しは?時効は延長される?大詰めを迎える、性犯罪に関する法務省の検討会。これまでの議論を取りまとめた報告書案が初めて提出されました。
表現に関わる仕事場でのハラスメント被害を調べたアンケート結果が公開に。言動のハラスメントのほか、わいせつ行為や性行為の強要など、深刻な被害状況が浮き彫りとなった。
性被害を受けたのに、警察や相談機関の窓口で差別的な対応を受けることも。性的指向や性自認(SOGI)の視点を盛り込んだ法律や制度が求められています。
性暴力被害者への支援事業をめぐって「女性はいくらでもウソをつける」と発言した。
これは、デートレイプという概念が浸透していない日本社会で、当時の恋人との性行為がレイプであったことに気づけなかったわたしの体験談だ。
明治時代に制定されてから変わっていない「性的同意年齢」、被害者に高いハードルを強いる「暴行・脅迫」要件など。いま議論されていることを解説します。
暴行や脅迫がなくても、抵抗できない--。これまで救済されなかった、力関係に乗じた性暴力の被害を、刑法にどう盛り込むか?法務省の検討会で議論が大詰めを迎えている。
「日本は何も変わっていない」という嘆きと、少しの希望。被災地での女性と子どもに対する暴力を調査した女性に、あれから10年を聞いた。
「なんで被害者たちを守る法律がすぐできないのか、本当に理解できないです」。現在の刑法性犯罪の問題点について話し合うイベントが開かれました。
「人生で、多くの人にこのことを話したことはありません」(オカシオ=コルテス議員)。連邦議会議事堂の襲撃事件当時の状況を説明する中で、性暴力の被害者であることを明かしました。
萩生田光一文科相年明けの通常国会で改正法案の提出を見送ると発表。「私自身も忸怩たる思いがある」と語った。