seiboryoku

番組側は声明で、「いかなる形のハラスメントも攻撃も認められない」として、被害を受けたリポーターに寄り添う姿勢を示した。
故ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、所属タレントの起用を取りやめる動きは、広告契約だけでなく、イベント出演にも広がっている
ジャニー喜多川氏の性加害問題を受け、所属タレントの広告起用を取りやめたり、契約を更新しない方針を決めたりする動きが相次いでいる。
元ジャニーズJr.の山崎正人氏が書籍で告発した東山氏からの性的な言動や加害行為について、東山氏は質疑応答で繰り返し事実確認を求められた。
ジャニーズ事務所が記者会見。藤島ジュリー景子氏がジャニー喜多川氏の性加害の事実を認めました。所属タレントの東山紀之さんが新社長に就任することも発表されました。
報告書は「喜多川氏の性加害の事実が1950年代から2010年代半ばまでの間にほぼ万遍なく存在していたことが認められた」と断定した
投稿した8月14日には、韓国出身の人気DJであるDJ SODAさんが、音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’23」でのパフォーマンス中に、複数の観客から胸を触られたとSNSで訴えていた。
音楽フェス「MUSIC CIRCUS’23」でのパフォーマンス中、複数の人から胸を触られたと訴えていたDJ SODA。主催者は「このような行為は性暴力、性犯罪であり、断じて許すわけにはいきません」とコメントした。
「今日、日本の大阪ミュージックサーカスフェスティバルで公演を終えましたがその時に凄く悲しい出来事がありました」とSNSでつづっている
記者会見で専門家は、「ジャニーズ事務所のタレント数百人が性的搾取と虐待に巻き込まれるという、深く憂慮すべき疑惑が明らかになった」と報告した。