seijinnenrei

アダルトビデオ出演契約の被害防止と救済に関する新たな法案。与野党がまとめた素案には、事業者側に対して映像の回収などの義務を課す内容も盛り込まれた。
4月から高校の新しい学習指導要領が実施され、お金にまつわる知識を身につける「金融教育」が拡充されることになりました。一体どう変わる?何が教えられる?なぜ変わる?解説します。
改正少年法が4月1日施行。18歳、19歳が「特定少年」と位置付けられ、20歳以上と同じく刑事裁判として扱われる対象事件を拡大されました。
民法の改正により、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
18歳と19歳が4月から未成年取り消しの対象外となることを受け、支援団体は被害者救済の制度を創設するよう求めた。超党派の議員たちが、議員立法の成立を目指す動きも始まっている。
携帯や賃貸契約、お酒やたばこ、成人式。18歳で何ができて、何ができないのか?気をつけて欲しいことも紹介します。
成人年齢の引き下げに伴い、アダルトビデオ出演を強要される18歳と19歳の被害増加が懸念されている。
法務省は、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案を、2016年の通常国会に提出する方針を固めている。
私は大学の教師ですが、現役で入学した学生だと大学2年生がちょうど「新成人」になります。はたして彼ら彼女らは「20歳」になって何が可能になるのでしょう?
自民党の特命委員会が、飲酒・喫煙の解禁年齢を「18歳」に引き下げるよう政府に求める方針を固めたと報じられた。これを受けて高田延彦さんが懸念をツイートしている。