seikaranna

開会式の「最終聖火ランナー(最終点火者)」として、大役を務めました。
東京五輪。今回は新型コロナの影響で大半が無観客開催となったが、 1964年は大観衆に見守られる中で開会式が執り行われた。
東京五輪開会式の「最終聖火ランナー(最終点火者)」の予想が白熱。候補に挙がっている人は?サプライズはあるのでしょうか。
組織委は会見で「沿道観覧の自粛をお願いするスタンスは取っていない」と説明している。
「応募動機の400字詰めの文章が、思いがこもりすぎた結果1500字になってしまった」
聖火ランナーが回るコース。といれる3月26日に福島県楢葉町・広野町のJヴィレッジを出発し、7月24日に東京都庁への到着を予定している。
東京都内を走るランナーの名簿が発表。読売巨人軍の原辰徳監督の名前も。
組織委員会の森会長は「世界一となり、東日本大震災直後の日本国民に多くの勇気と希望を与えてくれた」と理由を説明した。