sekiyu

トルコ人ジャーナリスト殺害事件が石油市場に与える影響に関するニュースをまとめた。
今後の原油市場の展開を予測するためにも、また記録として残しておくためにも、ここで要点を紹介しておこう。
CO2排出量世界第二位の米国がパリ協定離脱を表明した今、世界の民間企業は自らの社会的責任を改めて認識し「1.5-2℃目標」の実現に向けた取り組みを加速させている。
三年ごとに見直しするはずのエネルギー基本計画の見直しスケジュールはどうなっているのかと尋ねても、さっぱり要領を得ず。
最近、トランプ政権は中国には緊張緩和の措置をとり、またイランには関係正常化の合意を明らかにしたことによって、多くの人々が安堵をしている。しかし…。
社員、取引先の心情を軽視した「木に竹」どころか「鳥と魚」を接ぐような経営統合は、長期的にみればうまくいくはずがない。
クウェートで石油労働者の無期限ストライキが発生し、原油生産量が激減しています。
日本軍は、1932年に満洲国を建国、事実上、支配していた。満洲なら、有利な条件で開発できるはずである。しかし、石油は発見できなかった。
セブンシスターズは時代の変化に合わせて合従連衝を繰り返し、今も凄まじい権力を誇っている。
ソーラー産業は将来的に伸びる。少なくとも現在の数値を見るかぎりは。