sekiyu

原油価格高騰を受け、アメリカ政府は23日に5千万バレルの石油備蓄放出を発表。日本など主な消費国と協調して供給量を一時的に増やし価格を下げる狙いだ。
トルコ人ジャーナリスト殺害事件が石油市場に与える影響に関するニュースをまとめた。
今後の原油市場の展開を予測するためにも、また記録として残しておくためにも、ここで要点を紹介しておこう。
CO2排出量世界第二位の米国がパリ協定離脱を表明した今、世界の民間企業は自らの社会的責任を改めて認識し「1.5-2℃目標」の実現に向けた取り組みを加速させている。
三年ごとに見直しするはずのエネルギー基本計画の見直しスケジュールはどうなっているのかと尋ねても、さっぱり要領を得ず。
最近、トランプ政権は中国には緊張緩和の措置をとり、またイランには関係正常化の合意を明らかにしたことによって、多くの人々が安堵をしている。しかし…。
社員、取引先の心情を軽視した「木に竹」どころか「鳥と魚」を接ぐような経営統合は、長期的にみればうまくいくはずがない。
クウェートで石油労働者の無期限ストライキが発生し、原油生産量が激減しています。
日本軍は、1932年に満洲国を建国、事実上、支配していた。満洲なら、有利な条件で開発できるはずである。しかし、石油は発見できなかった。
セブンシスターズは時代の変化に合わせて合従連衝を繰り返し、今も凄まじい権力を誇っている。
ソーラー産業は将来的に伸びる。少なくとも現在の数値を見るかぎりは。
人民元の下落は、日本にとっては深刻な問題かもしれない。中国の爆買いが減るかもしれないからである。
ロシア国防省は2日、トルコのエルドアン大統領や一族が、シリア、イラク国内の過激派組織「イスラム国」支配地域から、石油を違法に密輸入して利益を得ている証拠があると明らかにした。
環太平洋経済連携協定(TPP)が成立に向けて大きく前進しました。
3月3日に衆議院予算委員会で民主党の枝野幸男幹事長が(ホルムズ海峡が封鎖されたような場合は)「中東以外のところからも石油は取れる」と発言し、話題になりました。そこで日本のエネルギー事情を簡単に振り返っておきましょう。