shakaihosho

最終報告について、出席した民間議員の1人は「未来を担う若者、子供たちへの責任を果たすという意味で非常に重要だ」と述べた。
国民全員に生活に最低限必要なお金を渡すことにより、既存の社会保障システムを根本から置きかえよう、というアイデアです。
日本社会が今後どのような「自助」と「公助」のバランスを図るのか
案の定、話題になっている最大の理由は年金制度、検討内容への誤解だ。
日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。
2018年度の介護報酬改定に向けた審議が、社会保障審議会介護給付費分科会で4月26日に始まった。膨らむ医療・介護費の伸び幅を抑えることが大きな課題となる。  
話題になっている「オバマケア」ですが、なんとなく名前は知っていても、どんなものなのか?なんで見直しが必要とされているのか?よくわかりませんよね。
今の日本の最大の政策課題とは何でしょうか?それは「世界一の少子高齢社会」への対応です。