shakaihosho

10月31日に投開票される衆院選。私たちはなぜ選挙に行くべきなのか?「お金」を切り口に考えます。
最終報告について、出席した民間議員の1人は「未来を担う若者、子供たちへの責任を果たすという意味で非常に重要だ」と述べた。
国民全員に生活に最低限必要なお金を渡すことにより、既存の社会保障システムを根本から置きかえよう、というアイデアです。
日本社会が今後どのような「自助」と「公助」のバランスを図るのか
案の定、話題になっている最大の理由は年金制度、検討内容への誤解だ。
日本若者協議会では、これまで若者の政治参画を中心に政策提言を行ってきた。結果、若者の政治参画の機運は確実に高まってきている。
2018年度の介護報酬改定に向けた審議が、社会保障審議会介護給付費分科会で4月26日に始まった。膨らむ医療・介護費の伸び幅を抑えることが大きな課題となる。  
話題になっている「オバマケア」ですが、なんとなく名前は知っていても、どんなものなのか?なんで見直しが必要とされているのか?よくわかりませんよね。
今の日本の最大の政策課題とは何でしょうか?それは「世界一の少子高齢社会」への対応です。
14歳以下の一人当たり医療費の方が、後期高齢者の一人当たり医療費より伸び率が高くなっています。日本の子供は身体が弱くなっているのでしょうか。
「映画というのは、決して政治的なムーブメントではありませんし、そうしたくもありません」(ケン・ローチ監督)
政治家の人たちが熱心に、厳しい環境にいる人たち、子ども達のために動きたい、と思っていてくれることを、僕は知りませんでした。
外国人が介護福祉士として就労することを全面解禁するとともに、介護現場に外国人の技能実習生を受け入れることも可能とする2つの法律が成立しました。
過剰な自己責任論や「本音」に名を借りた暴言に対して、私たちはどう向き合うべきか。立岩真也教授に話を聞いた。
個人の努力を促せば、医療費は削減できるのか?実は、予防医学では、それでは不十分なことが明らかになっている。
熱気に包まれた両陣営のオフィスを訪ねた体験ルポ。ニューヨーク州より、ジャーナリスト石田彩佳氏が報告する。