shikyue9a0b8gan

子宮頸がんは、対策をしていれば未然に防ぐことができるがんでありながら、日本ではその検査率はまだ4割と低く、意識が低いだけでなく、いろいろ複雑な問題があるのが現状です。
早期発見が重要だが、がん検診の受診率が低い日本。"インスタ映え"するイベントで、こうした社会課題を考えていきたいという。
子宮頸がんは検診の受診率も低い。「家事や育児、仕事で自分の健康が二の次になってしまう」と医師は話す。
「将来を失う怖さがある病気だと伝えたい」。夏目亜季さんが選んだ道とは。
名古屋スタディとは何か。そして、どうして名古屋市はそれを隠してしまったのか。解説します。
自身の経験をきっかけに女性に子宮頸がん検診へ行ってほしいという思いを著書に。
カーテンを開けると、内診台がありました。
36歳の誕生日の少し前、たまたま受けた検診がきっかけだった。
一度は克服したがんが、妊娠中に再発。それでも母は出産した。