shinbun

変化していくものは表層であり、その下にある変化していないものを見極めることがニュースの仕事では大事なのではないか。
発表前日のテレビインタビューでは、「彼らはフェイクだ」と批判していた。
東京新聞の望月衣塑子さんが原案を担当した映画『新聞記者』が、好評らしく、リベラルな人々から賞賛されている。
新聞なのに対象にならないケースも。複雑なので迷ったら相談センターに電話してみよう。
提示された「アップルが定期購読料の半分を取り、残り半分をユーザーの購読時間に応じてメディア各社が配分する」という条件が割に合わない事情もあったとされています。
号外配布に人が殺到し、混乱状態だったとの報告がTwitter上などでも相次いでいる。
まだ噂の段階であるアップルのニュース読み放題サービスが、事実であると認めたも同然です。
3月13・14日に予定されていた会社説明会は延期されました。
メディアの今後を分析。新聞、テレビはどうなる?
新聞は紙からデジタルへの急速な移行の動きが続く。その中でも、一つの節目になりそうだ。