shohyo

炭治郎は「市松模様」、禰豆子は「麻の葉模様」と指摘。「装飾的な地模様として認識される」と「拒絶理由通知書」には書かれている。
「これまで一度も撤回すべきとの判断は下されなかった」(真功夫の声明)
特許庁の情報データサービス「J-Plat Pat」で『令和』を商標検索してみると...
株式会社ティラミスヒーローは「ブランドロゴがコピーされた」と主張していました。
「作品に出会った時のエモーションを、大事にしたいと思うようになりました」
「愛着のある名前、変わってしまうのは寂しい」惜しむ声が続出
「むき出しのパワーの時代」に突入した世界が、どこへ向かうのか。
【カリスマホストの裏読書術 #7】平野啓一郎 『マチネの終わりに』