shonigan

少ない尿から、がん検査ができるという「N-NOSE」の普及を通して、「小児がんに苦しむ子どもがいない未来」を目指す。
治療後も残る影響…広がる支援のカタチに迫る
PRESENTED BY AFLAC
どうして「アピアランスケア」(外見上のケア)が子どもには及んでないの?
抗がん剤治療から3カ月後、長男が水ぼうそうに。重症化し、入院しました。
「この世は捨てたものじゃない」と、この子にも考えてもらいたい。 それは私たちも、そう思って生きていきたいから。
走ることが大好きだった女の子は、小学校6年生の時に骨肉腫を患い、左足を切断するという決断をした。
PRESENTED BY 中外製薬
「この写真を載せることで、小児がんの闇を多くの人たちに伝えたい。」
母親のFacebookである女の子を見て決意。
信じられないほど感動的。
いま、日本の政治は人命を最優先に動いていない。第190回通常国会に提出される予定だった、「がん対策基本法・改正案」は、土壇場でキャンセルされた。
アメリカのある小学校の生徒たちが、一人の生徒の学校への復帰を素敵な方法でお祝いした。
イベントに参加するともらえるオリジナルのキーホルダーは勲章をもらったみたいな気持ちです。
インスピレーションあふれる子供たちが大胆な夢を叶えた。
8歳の少年クリスチャン・マクフェラミーくんは、2年前から髪の毛が必要な子どもたちに自分の髪を寄付するため、髪を長く伸ばすことを決めた。
医療用大麻のカンナビジオールオイル(CBDオイル)が、癌やてんかんなどの難病を患う子供たちにもたらす効果を探ろうと、「ナショナル・ジオグラフィック」誌が難病の我が子にCBDオイルを使う3組の夫婦の姿を追っている。
ジョーダンくんは現在、ボストン小児病院で白血病治療のため化学療法を受けている。彼のもとへ、おどろきの見舞客が訪れ、1週間近く共に過ごした。
妹は、がんの治療から帰ってくる兄を待ちわびていました。お兄ちゃんのためにしてあげたこととは――
テイラー・スウィフトさんが、ニューヨークのMemorial Sloan-Kettering Cancer Center (メモリアル・スローンケタリング・がんセンター) を訪問し、入院患者をお見舞いした。