shoshika

全体の人口は約3億3100万人で、前回調査よりも7・4%増えたが、伸び率は過去2番目に低かった。最も増えたのはヒスパニック系で、人口の約19%を占めた。
今年1~3月期の人口動態統計速報によると、出生数は19万2977人で、前年同期と比べて9・2%減ったことがわかった
那覇市が市制100周年を迎える。「視点を変えれば、世の中は変わる。」というメッセージを発信するRethink PROJECTが、周年をお祝いするプロジェクトに参画して見えてきたことがあった。
PRESENTED BY Rethink PROJECT
初めて90万人を下回って「ショック」と言われた昨年の86万5239人からもう一段、落ち込む公算が大きい。
「『3年は子供を産まないと保証できるか』『子供が仕事に影響しないと約束できるか』などと人事が聞いてくる」
駅員が不在になり、電車の乗り降りに支障を訴える障害者も少なくなく、国交省は鉄道事業者向けのガイドラインづくりを始めた。
菅首相が少子化対策として打ち上げた「不妊治療の保険適用」。だが、根本的な少子化対策として、不妊治療費は「点」の政策に過ぎないだろう。
給付金の支給遅れ、進まないオンライン授業への反省から、政府のデジタル化を進めることや、家庭環境の変化を受けた男性の育休義務化、などの提案も中間報告には含まれている。
前年より5万4000人少なく、親になる世代の人口が減っていることが大きく影響しているという。
統計がある1889年以降で最少となった。