shukanbunshun

甘利氏は、面会の事実は認めたが、現金の受け取りについては明言を避けた。
甘利明・TPP担当相と公設秘書が、千葉県内の建設業者から口利きの見返りに現金を受け取りながら、政治資金収支報告書に記載していなかったとの疑惑を、1月21日発売の週刊文春が報じることがわかり、政界に衝撃が走っている。
春画に関する記事掲載をめぐり、「週刊文春」の新谷学編集長が3カ月間休養することが8日、わかった。
私は、今回の『クローズアップ現代』のような、匿名の証言インタビューなどを集めたテレビ報道を長く経験してきた。今後、こうなるだろうという展開がおよそ推測できる。
競泳の冨田尚弥選手が、9月に行われたインチョン・アジア大会において、報道陣のカメラを盗んだとされ、韓国で略式起訴された問題で11月6日、冨田選手は名古屋で会見を開き、「盗んでいません」と疑いを否定した。だが、防犯カメラの映像について、警察やJOCと主張が食い違っている。
フィギュアスケート男子の高橋大輔選手が、橋本聖子参院議員からキスを強要されたと週刊文春が報じたことについて、「パワハラ、セクハラとは思っていない」などと語った。
「耳が聞こえない作曲家」として活動していた佐村河内守さんのゴーストライターを務めていた作曲家の新垣隆さんが、「週刊文春」のテーマ曲を手がけていることがわかった。
流通大手のイオンは10月16日、文藝春秋の週刊誌「週刊文春」の産地偽装米についての報道が名誉を毀損するとして、東京地裁に訴えた。
イオンが、10月7日発売の「週刊文春」を売り場から撤去するよう指示していたことがわかった。
発売前の「週刊文春」を携帯電話で撮影し、ネットに投稿した男が逮捕されました。