sosharubijinesu

日本が蓄積してきた技術の素晴らしさを世界中に広めたいという使命感を持って『THE VENTURE』に挑んでいます。
「ミャンマーの村の問題を解決するために、私に何かできるだろうか」そう思い、私はソーシャルビジネスに関わることにしました。
枠を超えた集合的なインパクトを与えていかねばならない、と議論と実践が次のフェーズに移行していたのです。
女性を経済的にサポートすることは、世界を変えるはず。
地方創生ビジネスプランコンテスト「カンガルー」には、短い告知期間にもかかわらず、北海道から沖縄まで全国81組の大学生らからアイディアが寄せられた。
2016年2月15日、カンボジアの美容サロンで新たな挑戦を始める5人の女性たちがいた。彼女たちは皆、耳の聞こえない聴覚障害をもつ18〜23才の女性たちである。
「新興女性企業家フォーラム」が開催され、「新しい働き方」や多様な人材の在り方についてパネルディスカッションを行った。
企業に勤めながら、週末などにプロボノ(スキルやノウハウを活かしたボランティア)の活動をする「パラレルキャリア」を続けるのではなく、なぜ振り切ってNPOに専従となったのか。
あるベンチャー企業が、投票率をあげるために行っている企画は「投票に行きましょう」「政治に興味を持ちましょう」と呼びかけない変わったスタイルだ。
ここ数年、「ソーシャルビジネス」や「社会起業」というキーワードをニュースや新聞紙面などで目にすることも多くなった。一昨年だろうか、キャリア官僚に内定していた大学4年が、内定を辞退してNPO法人に就職するというので、ニュースになったことも記憶に新しい。
年末に若手社会起業家でだらだら飲みました。いつ会っても楽しい志の高い奴らで、ほんとNPOとかやってて良かったなぁと思ったわけです。最高です、やつらは。で、彼らと話していた中で思ったのが、NPO/ソーシャルビジネスの発展形態について。
イギリスでは初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる。失業者など福祉手当の受給者に顧客を限定し、スーパーなどで余剰となった商品を格安で販売する。