sugikafun

例年、ヒノキ花粉が増加し始めると段々とスギ花粉は飛散のピークを越える傾向があり、関東ではこれから4月中旬にかけてヒノキ花粉が飛散のピークとなります。
本格的な花粉の飛散シーズンを迎えている関東や東海、西日本では、大量飛散に注意が必要です。
関東や東海、西日本では暖かくなってくる今週後半から、スギ花粉の飛散ピークを迎える見込みです。
花粉が飛散しやすくなる条件は「雨上がり」「風が強い」
3月中旬頃になるとスギ花粉のピークは越えますが、代わってヒノキ花粉の飛散が増えていきます。
そもそも、いつ、なぜ、どのぐらいの人が発症しているのでしょうか?
飛散開始時期が遅れる可能性があります。
寒さが緩むと、スギ花粉が飛び始めてもおかしくありません。
最近、国内では花粉やインフルエンザなど保健・衛生上の用途とは別に、「顔を隠す」ためにマスクをする人が増えているという。
日本気象協会の観測で、東京大手町で花粉の飛散開始が確認されました。