suiminshogai

「寝つけない」「眠りが浅い」「早く目覚めてしまう」…。誰もが経験したことのある不眠の症状。原因、そして対処法は? どこからが「不眠症」? 睡眠医療の第一人者として知られる、秋田大学の三島和夫教授に聞きました。
寝ようと思って、布団に入っても眠れないのは、本当に辛いですよね。
夜泣きなんて可愛いものではなく、突然起きて大パニックを起こす息子。今になってみれば夜驚症だったなあと思います。
眠れない時に眠るためには、「副交感神経が優位に立っているリラックスした状態になること」が必要です。どうリラックスするのかというと...
みなさんは、「眠りが浅い」と感じることはありませんか?そこには病気のサインが隠されている場合もあるそう。
笑い事で済めばよいのですが、実は見過ごせない危険な寝言もあるのだそう。
実験参加者たちは1週間で61時間もソーシャルメディアに触れ、そのうち30%が「睡眠障害を経験した」のだとのこと。
わたし個人の体験談として、「十年以上苦しんだ睡眠障害がどうやって改善したか」をまとめてみました。
眠り過ぎるなんてちょっと信じられないかもしれない。私たちは誰もがなんとかして十分な睡眠をとらなきゃ、と思っているくらいだからだ。