sukottorando-jumintohyo

「スコットランドの人々に選択肢を与える、というだけの話です」
2019年春以降の住民投票を認める?
「スコットランドのみなさんにとって不利だと思います」
「私たちは『グローバル・ブリテン』を構築しようとしています」
「今回は勝つことを期待している」
メイ氏の選択肢は住民投票を拒否して憲法上の危機を犯すか、住民投票を受け入れてイギリスの将来を危機にさらすかだ。
スコットランドのニコラ・スタージョン首相は、「スコットランドの地位をEU内で保証するため」、EUに対し、協議を早急に始めたい意向を示した。
スコットランドでイギリスからの独立の賛否を問う住民投票が9月18日に投開票され、イギリスBBCは「独立反対が、賛成を上回ることが確実になった」と報じた。
18日に実施されたスコットランド独立の是非を問う住民投票では、反対票が50%を上回り、独立が否決された。 スコットランドの独立賛成派のリーダーであるサモンド・スコットランド民族党党首は敗北を認めた。 サモンド党首は支持者を前に「スコットランドの人々は現時点で独立をしない決定をした。それを受け入れる」と述べた。
イギリスのデビッド・キャメロン首相は、スコットランドが9月18日の住民投票でイギリスからの独立を決めたとしても、辞職しない考えを示唆した。
スコットランド独立の是非を問う住民投票が18日に迫る中、現時点でもなお世論調査では賛成と反対がほぼ互角で推移している。スコットランドが英国を離脱すれば大混乱が起きる可能性もあるのに、市場が比較的平静さを保っているというのは驚嘆すべき事態といえる。
イギリスからの独立を問うスコットランドの住民投票が、日本時間9月18日午後3時から始まる。有権者は約428万人。投票は、独立に賛成、反対の二択で行われるが、直近の世論調査では拮抗した結果となっている。19日午後に、大勢が判明する見込みだ。
英国からの独立の賛否を問うスコットランド住民投票に向けた直前の世論調査は賛否両派が拮抗(きっこう)したままで、ぎりぎりまで決断しかねている有権者が命運を握ることになるもようだ。
スコットランドで18日に実施される独立の是非を問う住民投票で独立支持が48%、不支持が52%となっていることが明らかになった。
18日に行われるスコットランド独立の是非を問う住民投票の結果がどうなろうと、従来の主権国家で構成される欧州の姿は変容していこうとしている。中央政府の統制力が弱まり、一部地域が離反するという流れだ。
イギリス北部のスコットランド独立の賛否を問う住民投票を9月18日に控え、スコットランドでは投票日前の最後となる週末、賛成派と反対派が各地で支持を訴える運動を繰り広げた。
スコットランドの住民投票が9月18日に迫っています。もしスコットランドの市民が独立にYESを表明した場合、世界の金融センターとしてのロンドンの地位はどうなってしまうのでしょうか?そこでまず英国にとって金融サービスがいかに大切かを確認しておきたいと思います。下はGDPに占める金融サービス業の比率です。
調査機関ユーガブの最新世論調査によると、英スコットランドの独立の是非を問う住民投票を1週間後に控え、独立反対派が賛成派を僅差で上回り、再逆転した。
9月18日に行われるスコットランド独立の是非を問う住民投票に関して、独立賛成派が反対派を追い上げ6ポイント差に迫っていることを示す世論調査結果が1日公表された。
イギリスの国旗として慣れ親しんだ「ユニオンジャック」のデザインが変更されるかもしれない。この旗はイングランド、スコットランド、アイルランドの3つの国旗が掛け合わせてできているが、スコットランドがイギリスから独立する可能性があるからだ。