sutajiojiburi

スタジオジブリが、場面写真の提供をスタート。「常識の範囲で」とのルールの下、Twitterでは「#ジブリで学ぶ主婦業」と題した大喜利に笑いが沸騰している。
「ちなみに原画よりは3倍くらいプルンプルンに修正された」。『千と千尋の神隠し』原画担当者のTwitter投稿が話題です。
あの作品も...!?スタジオジブリがアニメの場面写真400枚を無料で提供。ファンから歓喜の声が上がっています。
同番組では、7月31日から8月28日まで“夏アニ2020”と題して、5週連続でアニメーション映画が放送中。
よく見ると、メイでもサツキでもないようだ…。上映当時のポスターやパンフに使われ、その後もDVDのジャケットなどで使われる謎の少女の真相に迫る。
スタジオジブリが特別に提供を開始。これは使う...!!!
素敵な「偶然」が重なり、出版が決まったそう。フォトグラファーは、鈴木敏夫さんの友人で、タイ出身のKanyadaさん。
「配信サービスで新たに映画が作られるということが始まっているでしょう。それが面白いな、と思っているんですよ」
“ジブリ映画”のファンだというCEOが、“空を飛べる機械”を制作した真の目的とは──。
やっぱり、すごい。「高畑勲展━━日本のアニメーションに遺したもの」が7月2日からスタート
舞台となったマルセイユは、10年ほど前まで世界に開かれた、オープンな街でした。ところが今や、地中海を通って各地の難民が集まっています。
金曜ロードSHOW!で5月18日に「かぐや姫の物語」が放送される。
「監督とプロデューサーは敵対しないと作品は出来ない。一回もほめてくれなかったな」
4月5日に肺がんで亡くなったアニメーション監督の高畑勲さんを偲ぶ「お別れの会」が開かれた。
かつて「大人が見るものではない」と言われたアニメは、世代を超えて愛される「芸術」となった。
実は、毎年恒例だった…?