suzukiakiko

「どうしても歩み寄れない場合は、お互い自分の生きる方向を自分で歩いていかなきゃいけない」
フィギュアスケート元日本代表の鈴木明子さん(31)が6日、TBS系『ゴゴスマ~GO GO!Smile!~』(月~金 後1:55)に出演。2月1日にかねてより交際していた一般男性と結婚したことを生報告した。
フィギュアスケートのグランプリシリーズ最終第6戦、NHK杯が11月28日に開幕し、男子ショートプログラムで羽生結弦がケガからの復帰戦に臨んだ。
フィギュア女子の鈴木明子が3月31日、正式に引退発表をした。30日夜に日本スケート連盟に引退届を出したと自身のTwitterで明かしている。選手は引退するが、今後もスケートは続けるという。
フィギュアスケートの世界選手権で、浅田真央が優勝した。浅田は演技後のインタビューに答え、自身の進退についても話した。
安藤美姫さんが、ソチオリンピック女子フィギュア・ショートプログラムを滑った浅田真央選手を激励した。
ソチオリンピック・フィギュアスケート女子シングルのショートプログラムは浅田真央が、トリプルアクセルの転倒などジャンプのミスが響き、得点は55.51点。16位と出遅れた。キムヨナ(韓国)が74.92点をマークしてトップに立った。
フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が17日、「アイスベルク・パレス」で行われ、浅田真央は5組の最終滑走の30番で滑ることが決まった。
ソチオリンピックは2月9日(現地時間)、フィギュアスケート団体のフィナーレを飾る男女シングルとアイスダンスのフリーがあった。日本は男子シングルに町田樹、女子シングルは鈴木明子が出場したが、得点は伸びず国別順位は5位で終えた。
日本スケート連盟は12月23日、フィギュアスケートのソチオリンピック代表を発表した。女子は全日本選手権で優勝した女子の鈴木明子選手のほか、浅田真央選手...
フィギュアスケートの全日本選手権は12月23日、ソチオリンピックの最終選考会を兼ねてさいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で女子フリーがあり、SP2位だった鈴木明子選手が215.18点で初優勝し、ソチオリンピック代表に内定した...