taifu10go

低気圧に向かって湿った空気が流れ込みやすくなるため、関東や東海など太平洋側を中心に局地的な強雨に注意が必要です。
台風10号「ハイシェン」の規模を確認できる写真が、国際宇宙ステーションから撮影され、「NASA宇宙飛行士」の公式Facebookなどで公開された。
九州を中心に記録的な暴風や高潮、大雨により、甚大な災害の発生するおそれがあります。身の安全を最優先に、警戒を続けてください。
気象庁の担当者「予想した最大瞬間風速や雨量については大きな変化はございません」
台風への早めの備えを徹底したうえで、万が一の際には避難のタイミングを正確にとらえ、危険と判断されたらためらわずに避難しましょう。
気象庁は、台風が接近する地域では4日までに台風への備えを終わらせるよう呼びかけている。
台風10号のアジア名は「ハイシェン」で、中国の「海神」のこと。台風の別名、どう決める?ウサギやヤマネコの時もあるようだ。
「特別警報級の勢力に発達する恐れがある」とされる台風10号。上陸するまでに準備しておくべきことは?ポイントをまとめました。
関西空港が浸水したり、暴風でトラック横転や家屋被害を引き起こした2018年台風21号以上の勢力が予想されています。
台風10号は、過去に甚大な被害をもたらした台風に匹敵する勢力に近い。