tamuraatsushi

「スケジュールの都合」による著名人の辞退が相次ぐ東京オリンピックの聖火リレー。様々な憶測も飛び交う中、田村さんが指摘した事とは。
「2月26日」から続々と辞退者が出ている。玉城ティナさん、棋士の藤井聡太二冠、ロンブー田村淳さんらも、すでに表明。
辞退の理由は、森喜朗会長の発言だと説明した。
2019年4月から慶應大学大学院に通い、「死者との対話」について研究を続ける田村淳さん。タブー視されている「死」というテーマをもっと「気軽」に話せるような文化を作りたいというが、その真意とは?
オンラインをベースに、さまざまな価値観を持つ人たちの交流を目的としている。
ファンからは「すくすく元気に育ちますように」などの多くの祝福の声が寄せられている
5月19日(火)21時からの「ハフライブ」で、大人の学びについてロンブーの田村淳さんと話します。その前に考えたこと
日本の大人は、国際的に見ても「学びの時間」が少ないと言われています。「おうち時間」が増えている今こそ、学びについて考えませんか。
田村淳さんは、20年ぶりに赤い髪で登場。「ここからスタートする」という思いで、ライブ前に髪を染めたという。
謹慎処分を受けていたロンブー亮さんの活動再開に伴い、コンビでトークライブと共同会見を開きたい考えを示しました。
「田村亮と吉本興業を繋ぐ為の会社」「いつの日か芸能活動の再開が許された時にはじめて動き出す」としています。
「人は生きる上で、色んなことを主体的に選択する権利を持っています。でも、死に方についてだけは全然違う。そこに何とかアプローチしてみたいんです」
「僕は亮の言葉を信じたいと思います」と信頼をつづったメッセージから2週間あまり。「嘘をついて、このままで平気なのか!お前を軽蔑する!」と厳しく叱咤したと電話でのやり取りを明かしました。
デイリースポーツは、カラテカ入江の仲介で振り込め詐欺グループの忘年会に出席したとされる田村亮の名前を、誤って田村淳と書いた。田村淳が「迷惑」だと抗議していた。
役員を務める「BBV Tokyo」がeスポーツのプロチームを結成。世界大会を目指す
eスポーツチーム「BBV Tokyo」の立ち上げ。それは「新しいタレントのかたち」なのだという。
胸や顔の辺りまで泥だらけになりながら、生物の捕獲に挑んだ。
これまで番組でカミツキガメの捕獲に挑戦してきた的場浩司、あばれる君と静岡大学の加藤英明氏ら出演者総動員で挑んだ。