tenkin

国内で約18万人の従業員を抱えるNTTグループ。コロナ後の社会を見据えた働き方を推進するのが狙いです。
共働き世帯が増える中、悩みの種になりがちな転勤。新型コロナでその風景は少しずつ変わっている。同社で営業職の女性たちが実験して考えたことを聞いた。
約10000人にアンケート調査をしました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
【タエが行く!第4回 サントリーホールディングス株式会社編】「本当はどうなの?男性の家庭進出」新浪剛史・代表取締役社長に聞きました。
「問題はなかった」と結論づけたコメントで収束しつつある、カネカのパタハラ疑惑。でも、社員や就活生たちの目は厳しそうです。
「住民票を転出すると、国民年金、国民保険、住民税はどうなるのか?」「メリット・デメリットは?」を解説します。
初めまして!エン・ジャパン入社5年目 金藤です。 私事ながら、この春、人生初の異動辞令を言い渡され、営業から求人広告の取材やディレクションを行なうディレクターに職種転換。新しいチャレンジにワクワクすると同時に、本当に自分でつとまるのか不安で
PRESENTED BY エン・ジャパン
「リモートワークもできるし、海外から日本の仕事をするグローバルフリーランサーという選択肢もあり」とも思える時代ですが、実際はどうなのでしょう。
地方創生と言われておきながら、東京の人材を地方の支店に送り続けて、現地の雇用を生み出していないわけです。
6年間働いた航空関係の仕事から離れ、異業種への転職、働く国を変えてみて思ったこと、またマレーシアでの休日の過ごし方についてお話します。
働く女性が同居継続のために「転勤妻」になると、多くは転職活動か、専業主婦かの決断を迫られる。数年に一度転勤する「転勤族」ともなると、悩みはさらに深まる。
「自分らしく自由に生きていきたい」と願いつつ、私たちはどうしても「こうあるべき」に囚われ、好きなように選ぶということが出来なくなりがちです。
ネガティブに受け取られがちな転勤。「環境の変化は成長のチャンス」というエン・ジャパン人事部門で活躍中の正岡朋子さんに話を聞いた。
PRESENTED BY エン・ジャパン
なぜ残念ながら統一地方選は「投票に行かなきゃ」と思えるものでないのでしょうか。