tero

アフガニスタン政府は、アメリカ軍などが拘束した反政府勢力タリバーンの武装兵らテロ容疑者ら37人を釈放することを決定。アメリカ側はこれに強く反発している。
イエメンにおけるテロリスト容疑者を狙った暗殺作戦で米国政府は、国際法に違反して多くの一般市民を殺害している。ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日、米国政府による暗殺作戦(ターゲット・キリング)に関する報告書を公表し、その実態を明らかにした。
9月21日、ケニアの首都ナイロビのショッピングモールに武装集団が襲撃し、67人が死亡、多数の死傷者が発生した事件の監視カメラ映像をCNNが入手したと、ハフィントンポストUK版が伝えている。
2020年の東京オリンピック開催決定を受け、政府がテロリスト集団による組織犯罪の未然防止に向けた「共謀罪」創設の検討に入ったというが、共謀罪ではテロは防げないと落合洋司弁護士が指摘している。共謀罪とは一体、どのようなものか。
ケニアの首都ナイロビにある高級ショッピングモール「ウエストゲート」をソマリアのイスラム過激派アルジャバブの武装集団が襲撃し、人質をとって立てこもった事件で、アルシャバブのスポークスマンは、犯行理由について「アメリカ人とユダヤ人の店だからだ」との声明を発表した。観光客に人気のある高級ショッピングモールでの襲撃事件で、少なくとも62人が死亡、150人以上が負傷した。
ケニアの首都ナイロビで、欧米人にも人気のある高級ショッピングモール「ウエストゲートモール」に武装集団が襲撃し、少なくとも30人が死亡、50人以上が負傷した。武装集団はショッピングモールに人質をとって立てこもっており、「非イスラム教徒」は殺害すると脅迫している。
『ホワイトハウス・ダウン』(White House Down)2013年(米) この映画の題名と監督がローランド・エメリッヒということで、ホワイトハウスが崩壊するディザスター・ムービーということは容易に想像がつく。本作品は、一言で言えば、ホワイトハウスのダイ・ハードのイメージ。エメリッヒ監督はドイツ生まれで、主たる作品は『インデペンデンス・デイ』(1996年)、『GODZILLA』(1998年)、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004年)、『2012』(2009年)等にみられるように"破壊王"である。
問題の根幹は何処まで行っても、経済の大動脈ともいえる石油をこの不安定な中東、湾岸諸国に依存し続ける日本の現状である。中東に一旦事あれば日本経済がショック死する不安を日本は抱え続けている。ついては、今回のアメリカ国務省の報道をきっかけに、日本政府はエネルギーソースの分散に大胆に舵を切ってはどうだろうか?