子どもの権利

赤ちゃんの時に産院で別の新生児と取り違えられた男性が、生みの親の調査を求めた訴訟。被告の東京都は、請求棄却と却下を求めている。
2022年を子ども政策のレガシーにするために――こども家庭庁とこども基本法にどんな役割が求められるかを考えます
「(他の子と同じように)がんばれ」と幼稚園児の次女に伝えていた作者のぽにぽにママさん。「私のように後悔する人が一人でも減りますように」と話します。
性的同意や性暴力に関するハンドブックを、NPO法人「mimosas(ミモザ)」が作成。そこには、10代の子どもたちが「被害者にも加害者にもならないように」との願いが込められていました。
成人年齢の引き下げに伴い、アダルトビデオ出演を強要される18歳と19歳の被害増加が懸念されている。
東京都教委は生徒や保護者、教員での話し合いなどを通じ、各校で校則を点検するよう都立学校に求める通知を出していた。
ウクライナで撮影されたビデオには、ブランケットに包まれて簡易ベッドで眠る赤ちゃんたちと、小さな命をケアする医療従事者らの姿が映っている。
「自分が何者なのかを知りたい」。赤ちゃんの時に産院で取り違えの被害に遭った江蔵智さんは、被告の東京都に対し、生みの親を特定する調査をするよう求めている。
専門家は、子どもに「自衛」を押し付けていては被害を防げないとして、グルーミングの手法が広く知られることが重要と話します。
「私は公人であり、仕事の代償として、差し出がましい写真をときには受け入れています。ですが子どもたちはそのような約束をしていません」