tiktok

TikTok側は、今後アメリカの利用者のデータは全て、米オラクル社のデータセンターに保存されることになると説明している。
“I’m here for you”(私がそばにいる)というキャプションを付けて動画をTikTokに投稿したアイルランド・ボールドウィンさん。自身の経験についてシェアし、共感を呼んでいます。
法執行機関や地元当局は、具体的に信ぴょう性がある情報や脅迫があった事実を確認していないとの声明を出しています。
中国「抖音」に、日本企業が商機を見出しています。AIの助けを上手に借りながら、「下克上」のチャンスを得ようとしているのです。
自身のスキルを効果的にアピールできるだけではなく、採用側も書面だけではわからない人物像をある程度見極められそうです。
トム・クルーズさん本人ではないと見抜けないほどの仕上がり。本物と簡単に信じ込ませてしまう、ディープフェイクの恐ろしさを知ることができます。
動画アプリ『Kuaishou』には主に3つのマネタイズ方法があり、中でもライブストリーミングが収益の大部分を占めている。
TikTokは「13歳未満は参加できない決まりであり、13歳未満が使用していると思われるアカウントは積極的に確認し削除している」と主張している。
丁真(てい・しん)さんは四川省カンゼ・チベット自治州に住む19歳のチベット族男性。偶然取られた動画が、彼をスターダムにのし上げる。
看護師が勤務する病院のあるアメリカ・オレゴン州では感染者数が増加傾向で、解雇を求める声も出ている。