tokyoshinbun

演説が終わる数分前に「全文」と「解説」の2記事をオンライン版が掲載した。
ネトウヨの若者?それとも議論好きなビジネスマン? そんな事前の予想は見事に覆された
担当者は「子どもが『なぜ?』と疑問を持つことに対し、バッシングが起きることは、民主主義の芽を摘むことになり、残念です」と話す
なぜ抗議が1ヶ月以上も遅れたのか、記者クラブに加盟していないウェブメディアの会見参加をどう考えるか…。新聞労連の南彰委員長に聞いてみました。
沖縄の米軍基地反対運動を取り上げ、批判の声があがっていた「TOKYO MX」の番組「ニュース女子」で東京新聞論説副主幹が司会を務めていたことについて、同紙は「深く反省」とする記事を掲載した。
「深くおわび申し上げます」と紙面で謝罪している。