長野智子

6月20日、世界難民の日。MIYAVIさんと私がパーソナリティーを務めた音楽イベント「UNHCR WILL2LIVE MUSIC 2020」が配信され、世界の難民・避難民を新型コロナから守るための支援を呼びかけました。
陸前高田市への訪問経験があるローズ選手をはじめ、ケニアで練習に励む難民アスリートたちに会いに行きました。
東京五輪に出場する「難民選手団」の選手たちは、勝っても母国の国旗はあがらない。それでも走る、泳ぐ、駆け抜ける。
「日本一になっても、国際大会で勝てない、これが日本のスポーツでした」
「欲しいのは教育」。難民キャンプの子供たちが口にした言葉を今でも忘れることはできません。
予定調和より「偶然の出会い」がほしい。正解より「さまよう時間」がほしい。
"無敵"な女性に見える、長野智子さん。しかし、その人生にはたくさんの困難があった。
必要なのは「必達目標」と「透明性」。あのときの自らの言葉を、今彼はどう思っているのだろう。
アンドロイド・オペラ「Scary Beauty」の舞台裏を渋谷慶一郎さんが明かした。