tsuyuzensen

まだ梅雨前線の動向は不確実性が高いため、最新情報で確認するようにしてください。
関東甲信の平年の梅雨入りは6月7日ですが、今年はまだ梅雨入りの発表はありません。
5月の半ばではありますが、例年の梅雨時期と同様の雨への備えが必要です。
雨が続いた場合は土砂災害の危険性が高まります。雨の影響に対して早めの警戒が必要です。
日本海にある梅雨前線に向かって、南西から暖かく湿った空気が流れ込み、早朝から九州北部では激しい雨が降っています。
最新の気象情報や自治体から発表される避難情報などをこまめに確認し、自分のところは大丈夫という過信を捨てて、早めに避難するようにしてください。
熊本地震の前震が発生してから2カ月。梅雨入りを迎え、地盤の緩んでいる地域では地震だけではなく「雨」への注意が必要です。